書き暮らしのテフレッティ

へっぽこ営業マンのぼやき

20201003 学習内容

今日は午前中に通院 (風邪) があって、その後は店番の合間を縫って (土曜はあまりお客さんが来られないものですから……) の勉強だったので、最低限のところまでしか進まず。

 「千里の道も一歩から」よろしく、もう何年も仕訳すらしていない状態ですので、妻が持っていた (というか、去年私が買い与えたものをしっかりまだ持っていた) 「スッキリわかる 日商簿記3級」の第10版を使って、昔の感覚を取り戻すことに。
と、いいますか、私が日商簿記3級&2級に合格した時期は、ちょうど試験範囲の改定が始まる直前だったので (なにを隠そう11月試験に3級、2月試験に2級に合格という、滑り込みも相当な滑り込みっぷり)、いまの試験内容がサッパリわからないんですよね。

そういうわけで、概要しか書かれていない第1章だとか、帳簿云々や伝票云々、精算表について書かれているところは除いて、仕訳の方法を中心に、3時間復習がてらやっていました。

まるまる仕事が休みだったら「もう2時間」とか「もう3時間」とかってなるんでしょうが、状況が状況なだけにこれが精一杯。

一応、2級新論点の日商提供サンプル問題も印刷していますし、「簿記検定ナビ」から仕訳対策問題は3級・2級それぞれDLしてあるので、明日は3級の仕訳を復習しつつ、2級工業簿記かなぁというところです。2級の過去問題集を取っておいてよかった。 

本日の学習時間: 3時間00分 (累計3時間00分)

スッキリわかる 日商簿記3級 第11版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)